2009年09月04日

M&A's について (2005/12)

MBOの源泉としてのダイベストメント、二つの要素

企業にとって非コア・ビジネスは企業が営利追求のための構造改革をするかぎりにおいて社会的な課題として認識される。
ひとつにはリストラといった失業問題に対する対策として、もうひとつは企業の本来の目的である効率的な企業構造への合理化問題としてである。前者は景気後退に伴うダウンサイジング要求が高まるために企業構成の見直しが急務となりダイベストメントが行われることになる。
後者はといえば企業の国際化・多角化、或いは既存業務の強化のため拡大してきた企業活動を効率化するために企業構造の合理化、即ちダイベストメントが行われうる。それらの課題に応える際に有用であるといえるのがMBOであるといえる。 

【関連する記事】
posted by 精神の貴族 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | MSNマイスペース(05-06) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127266825

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。